任意整理 長崎 ブラックリスト

任意整理をするとブラックリストは避けられない?任意整理、長崎でブラックリストの話

長崎の任意整理、ブラックリスト

長崎で任意整理とブラックリストの関係について考えてみる。 長崎で任意整理をすると「ブラックリスト」に載ると言われますが、そのようなブラックリストを長崎の金融機関が作っている訳では無いのです。

任意整理をすると、その人の長崎での信用情報に「金融事故があった」という記載がされるのです。その情報を一般的にブラックリストと言います。 クレジットや割賦払いでの買い物は、長崎でも審査が必ずあります。これは、長崎のその人の信用情報をチェックし、他に購入したものや支払い状況を確認しているのです。

ただし、金融機関が加盟している信用機関によって、見られるブラックリストが変わります。 同じ信用情報機関に加盟しているブラックリストは、長崎に限らず どの会社もブラックリストを調べる事ができるのです。

長崎のA社で分割払いで商品を購入しようとしたとき、Aが別の信用機関に加盟していた場合には「B社への支払いに遅れがあった」「C社の返済が滞っている」という同じ長崎でもブラックリストの情報が見れないケースがあります。

しかし長崎などの場所や信用情報会社の系列に関係なく、支払い不能が続いてしまったり、任意整理等の金融事故を起こした場合には、全ての信用機関で金融事故のブラックリスト情報を共有するのが基本です。

そのため、任意整理した場合、別のお店で分割払いで商品を購入しようとしてもその任意整理の情報が知られてしまっているため、分割払いでの購入は出来なくなってしまう可能性が高くなります。 この理由から「任意整理をすると必ずブラックリストに載る」とも言えるのです。

しかし、長崎で任意整理等で一度ブラックリストになってしまったら一生そのまま!というわけではないのです。 長崎等で任意整理で決定した返済が全部終わってから約5年間は事故情報(ブラックリスト)が残りますが、それ以降は消えます。

この点のポイントは「長崎等で任意整理の返済額を全額返し終わってから5年間ブラックリストに保存される」ということです。 任意整理の合意後から返済をしている期間は含まれていません。そのため、長崎で任意整理を行って返済に5年かかった場合、5年プラス5年で10年間はブラックリストということになってしまいます。